モノビジョンレーシック

術式メニュー | モノビジョンレーシック

近視遠視乱視があり、近くが見えづらく
なってきた
方へ、おすすめの術式です。

モノビジョンレーシック術式概要
料金
  • プレミアム アイデザインレーシック両眼40万円(税込)
  • プレミアムアイレーシック®両眼35万円(税込)
保証期間 3年間
定期検診 手術翌日、1週間後、1年後
プラン オーダーメイドプラン

あなたにぴったりの術式がみつかる!術式比較表

手術後の見え方のイメージ

利き目は「遠く」が見えるようにし、利き目ではない方は「近く」を見えるようにしているため、近くも遠くも見えるようになります。

手術後の見え方のイメージ

  • 近視や遠視、乱視があり、近くが見えづらくなってきた方
Point01

老眼にも対応のレーシック

「モノビジョン」と呼ばれる、片方の眼で「遠く」を、片方の眼で「近く」を見る状態にする老眼対応のレーシックです。近視、遠視、乱視をレーシックで矯正し、術後は老眼がはじまった方でも、老眼鏡をかけずに遠くも近くも見ることができます。
検査の際に、術後の見え方をシミュレーションで体験いただきます。見え方にご満足された方にのみ手術を行いますので、ご安心ください。

Point02

フラップ作成をレーザーで行うレーシックでは、
唯一の厚生労働省承認機器を使用

近視・乱視・遠視の矯正だけでなく、フラップ作成(レーシックの際につくるフタの部分のこと)もレーザーで行います。そのため、安全で正確なフラップ作成が可能です。
当院では、厚生労働省承認のレーザー機器のみを使用し、安全かつ効果的に視力を矯正します。

Point03

一人ひとりの角膜に合わせたオーダーメイドのレーシックで質の高い見え方を実現

モノビジョンレーシックは、「プレミアムアイレーシック®」「プレミアム アイデザインレーシック」のみで実施します。一人ひとりの角膜に合わせたオーダーメイドの矯正を行うことで、精度の高いモノビジョンレーシックを実現します。
一人ひとりの指紋が異なるように、角膜にも一人ひとり異なるゆがみがあります。「プレミアムアイレーシック®」「プレミアムアイデザインレーシック」は、そのわずかなゆがみを解析し、眼の状態に合わせたオーダーメイドの照射を行うので、より質の高い見え方を実現します。同じ1.2の視力でも、よりクッキリはっきりとした見え方になります。

この術式で使用する主な機器

この術式で使用する主な機器

  • 検査時
  • プレミアムアイデザインレーシックの場合

アメリカAMO社製の収差解析装置「iDesign アドバンスト ウェイブスキャン」を使用します。

この術式で使用する主な機器

  • 検査時
  • プレミアムアイレーシック®の場合

収差解析装置「ウェーブスキャン・ウェーブフロント®」を使用します。

この術式で使用する主な機器

  • 手術時
  • フラップを作成

フェムトセカンドレーザー「iFS フェムトセカンドレーザー®」を使用します。

  • 厚生労働省認定
  • FDA承認

この術式で使用する主な機器

  • 手術時
  • 近視、乱視、遠視を矯正

エキシマレーザー「ビジックス・スター S4 IR®」を使用します。

  • 厚生労働省認定
  • FDA承認