老眼治療

老眼

老眼とは、加齢による眼の老化現象です。体力や肌の衰えと同じように個人差はありますが、平均して40歳前後からはじまると言われています。老眼がはじまる年齢や程度は人それぞれですが、いずれは誰もが経験することになります。

近くのピントが合わない、新聞が読みづらいと感じたら、老眼が始まっているかも知れません。

老眼治療について

老眼は治療できる時代です。パイオニアである神戸神奈川アイクリニックの様々な治療方法を紹介します。

  • 老眼と遠視の違い老眼と遠視の違い

    勘違いされることが多いですが、老眼は遠視ではありません。その仕組みについて紹介します。

  • 医師の紹介医師の紹介

    豊富な経験。高い技術。確かな知識。神戸神奈川アイクリニックが誇る優れた医師を紹介します。

  • 先進医療について先進医療について

    神戸神奈川アイクリニックは、厚生労働省から認定を受けた「先進医療の認定施設」です。

老眼と遠視の違い

老眼も遠視も同じ凸レンズを使用するので、勘違いされることがありますが、老眼と遠視は仕組みが全く異なります。

老眼の仕組み

加齢にともない、眼の中にある水晶体の弾力性が低下したり、水晶体を支える毛様体筋が衰えたりし、近くにピントが合いにくくなる「調節異常(調節力の低下)」です。平均的に40歳前後からはじまると言われています。

老眼の仕組み

老眼の仕組み

遠視の仕組み

遠視とは、眼軸長(眼球長さ)が短すぎたり、角膜や水晶体の屈折力が弱すぎたりするために起こる「屈折異常」です。近視や乱視もこの屈折異常です。

  • 遠視の仕組み

    近視の場合の焦点位置
    網膜より手前で焦点が合う

  • 遠視の仕組み

    遠視の場合の焦点位置
    網膜より後ろで焦点が合う

  • 遠視の仕組み

    乱視の場合の焦点位置
    焦点が一点に集まらない

老眼治療について

老眼は40歳前後から近くが見えづらくなる症状で、誰にでも起こる現象ですが、実は治療することが可能です。
年齢や症状によって、最適な術式が異なります。

老眼治療には安全性や効果を考え
「遠近両用白内障手術」「モノビジョンレーシック」を導入

治療後の見え方への期待は、職業やライフスタイルによって異なります。それは老眼治療でも同様です。当院では、安全性や効果を考え、老眼治療に「遠近両用白内障手術」「モノビジョンレーシック」を導入しています。お客様の眼の状態と、これまでの実績やデータに基づき、医師がそれぞれの方のライフスタイルや要望に合わせたプランを提案します。

遠くも近くも見えるあなたに合った老眼治療を。

  • 目薬(点眼麻酔)で痛みナシ!
  • 手術は数分で完了
  • 近くも遠くも見えるようになる!
45~60歳

遠くはメガネやコンタクトレンズで見えるけど、最近手元が見えづらい。

そんなあなたには...

モノビジョンレーシック

50~70歳

最近、遠くも近くもかすむようになってきた。また、まぶしいと感じることも。

そんなあなたには...

遠近両用白内障手術

遠近両用白内障手術について

「遠近両用白内障手術」は、老眼鏡を使う頻度を軽減させたい方や、白内障の症状が出ている方に、以下のような理由からご提案しています。

  • 従来の白内障治療では実現できなかった老眼にも対応
  • 多焦点レンズの使用により「遠くも近くも見える」ようになる画期的な手術

老眼鏡がほぼ不要になる!遠く、近く、中間距離の3点に焦点が合う多焦点眼内レンズ ファインビジョン

モノビジョンレーシックについて

「モノビジョンレーシック」は、通常のレーシックと同じ方法で行います。術後は老眼がはじまった方でも老眼鏡をかけずに日常生活を送ることができます。
適応検査の際に、モノビジョンの見え方が受容できるかを確認し、検査データをもとに医師が矯正度数を決定します。
※モノビジョンレーシックは、アイレーシック、アイデザインレーシックのみで実施します。

見え方と安全性

遠近両用白内障手術とモノビジョンレーシックなら近くの見え方も、遠くの見え方も、あわせて改善されます。

遠近両用
白内障手術
モノ
ビジョン
レーシック
カメラ
(リーディングアイ)
遠くの見え方
近くの見え方
明るさ ×
ドライアイ
見た目 ×

老眼治療ってどうやって受けるの?

まずは!適応検査

老眼治療を受けると決めた方・悩まれている方、自分の眼の状態を知りたい方はまず無料の適応検査を受診してみてください。適応検査の結果で、お客様に最適な術式を提案します。

精密な検査をするので約2時間半ほどかかりますが、眼の健康診断を兼ねて受けられる方もおられますので、お気軽にお申込みください。

無料適応検査

老眼治療についてよくある質問

お客様から多く寄せられている質問を掲載しています。疑問が解決しない場合は、、お問い合わせフォーム、またはお客様相談センター0120-049-035(通話料無料)までお問い合わせください。

最近、よく見られている質問

老眼が始まる年齢は何歳頃ですか?
老眼は加齢による老化現象です。体力の衰えと同じで個人差はありますが、日本人では一般的に40歳を超えると老眼の症状が始まり、45〜50歳で自覚されるようになります。
近視と乱視、老眼を同時に治療することはできますか?
近視や乱視、老眼は同時に治療することができます。当院では、「遠近両用白内障手術」「モノビジョンレーシック」という治療を行っています。
さらに、白内障も同時に治療できるのが「遠近両用白内障手術」です。
老眼回復するのに効果的な方法を教えてください。
老眼回復法として眼のトレーニングやサプリメントが紹介されることがありますが、それらに医学的根拠はありません。
老眼を治すには老眼治療の手術を行うか、または、眼の状態にあった老眼鏡を使用して悪化させないことです。
視力が良い人ほど老眼になるのが早いと聞きますが、本当ですか?
視力が良い人も視力が悪い人(近視の人)も、同じように老眼は始まります。
ただ、目が悪い方(近視の方)は、もともと近くにピントが合っているので、老眼が始まったことに気づきにくく、視力が良い人の方が症状を自覚しやすい傾向にあります。
両親は同じ年齢ですが、父は老眼で、母は老眼ではありません。老眼にならない人はどういう人ですか?
老眼が始まる年齢や程度に個人差はありますが、老眼にならない人はいません。
ただ、視力が悪い方(近視の方)は、もともと近くにピントが合っているので、老眼がはじまったことに気づきにくいということがあります。